会員登録方法の選択
会員登録の方法を選択してください。
六本木ヒルズ外観写真

東京の新しいランドマークとして2003年に誕生した六本木ヒルズ。
広大な敷地の中には、商業施設も入るオフィスビル「森タワー」を始め、テレビ朝日本社社屋、グランドハイアット東京、 映画館、ナショナルスクールなど様々な施設が入っています。
「衣食住」+「働」+「遊」+「学」。そのすべてが集約されている六本木ヒルズの
「住」をカバーするのが「六本木ヒルズレジデンス」です。

六本木ヒルズレジデンス 施設図 六本木ヒルズレジデンス 図面

六本木ヒルズレジデンスは、 総棟数4棟、敷地面積16,649.47㎡、総戸数793戸(賃貸戸数473戸)の居住棟です。 4棟あるレジデンスはそれぞれA・B・C・Dと呼ばれ、Aは地上6階地下2階建、BからDは地上43階地下2階建です。

六本木ヒルズ以降、数多くの高級タワーマンションが建設されましたが、
今でも問い合わせが多いのは六本木ヒルズレジデンスだと言います。
その一つの理由が、すべての部屋に共通して感じられる「住みやすさ」です。

「広いリビングに映画館のスクリーンほどのガラス窓」。
上はまさに豪邸のイメージですが、肝心の居心地はどうなのか?と思ってしまう方もいると思います。
六本木ヒルズレジデンスは、そういった大胆な開放感ではなく、居心地を重視した設計になっているのです。
例えば、眺めをよくするために、闇雲に大きなガラス窓を作るのではなく、景色の良い要所要所にバルコニーを作る。
184平米の2ベッドルームの角部屋タイプを例に出すと、バルコニーを三箇所設置し、「見えて」いながら、住まいとしての居心地を確保しています。

六本木ヒルズレジデンス 部屋写真 六本木ヒルズレジデンス 部屋写真

六本木ヒルズレジデンスの中でもっともスタンダードな間取りは2ベッドルームです。 広さは様々で、1R/30㎡から4LDK1/360平米まであります。
もちろん、それに合わせて賃料も様々。 20万円から520万円まであります。

六本木ヒルズレジデンス 部屋写真 六本木ヒルズレジデンス 部屋写真

それぞれのお部屋の雰囲気は様々です。 開放的なラウンジのようなお部屋もあれば、落ち着いたカフェのようなお部屋もあります。 自分のライフスタイルにあったお部屋を選び、自分色に染めていきましょう。